渋野日向子、ツアー初優勝 女子ゴルメジャー初戦・サロンパス杯

2019年5月12日 17:15

小

中

大

印刷

 茨城ゴルフ倶楽部(茨城県)で行われていた女子ゴルフの今季国内メジャー第1戦ワールドレディス選手権サロンパス杯は12日、最終日を迎えた。首位でスタートした渋野日向子が、71でフィニッシュ、トータル12アンダーでツアー初優勝した。ツアー初優勝がメジャー大会となるのは、日本人では畑岡奈紗以来8人目。

 首位タイでスタートしたペ・ソンウ(韓国)は、渋野とのマッチレースをリードしていたが、16番でのダブルボギーが響いて1打差で優勝を逃した。渋野は3日目を首位と1打差の2位でスタートすると、前半で3連続バーディを決め、6バーディ・ノーボギーの66でフィニッシュ、トップタイで最終日を迎えていた。

 圧巻だったのが最終ホール、ティショットから乱れ約5メートルのグリーンエッジからのパーパットとなるピンチを見事に沈め、パーをセーブした。最終日はいきなり1番、4番でボギーを叩くも、粘り強く挽回し、前日からの勢いを最終日まで途切れさせなかった。

 首位と5打差の4位でスタートした穴井詩が、この日を1アンダーでフィニッシュ、トータル7アンダーで3位に入った。首位と4打差の3位でスタートしたアマチュアの吉田優利は、この日を2オーバーでフィニッシュ、トータル5アンダーで笠りつ子とともに4位タイとなった。

関連キーワードゴルフ(スポーツ)穴井詩畑岡奈紗渋野日向子

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース