ユニクロとエンジニアド ガーメンツがコラボ、3つの柄やボーダーを組み合わせたメンズポロシャツ

2019年5月12日 09:43

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ユニクロ(UNIQLO)とエンジニアド ガーメンツ(ENGINEERED GARMENTS)がコラボレーション。ユニクロ アンド エンジニアド ガーメンツ(UNIQLO and Engineered Garments)を、2019年5月27日(月)より全国のユニクロ及びオンラインストアにて販売する。

■ユニクロNEXTコラボは「エンジニアド ガーメンツ」

 ユニクロとタッグを組むエンジニアド ガーメンツは、日本人デザイナー鈴木大器によるアメリカ発のファッションブランド。古きよきアメリカンデザインをベースに、ミリタリーファッションやアメリカンクラッシックウェアをモダンに再解釈。細部に遊び心を効かせた“よく見るとこだわりを感じる”デザインを得意としている。

■「ユニクロ アンド エンジニアド ガーメンツ」ラインナップ

 ユニクロ アンド エンジニアド ガーメンツからは4型のメンズポロシャツが登場。ユニクロの定番アイテムともいえるメンズポロシャツを、エンジニアド ガーメンツのデザイン性を持ってアレンジする。いずれもリラックスして着こなせるオーバーサイズが特徴だ。

■オーバーサイズポロシャツ

 「オーバーサイズポロシャツ」は、ユニクロ アンド エンジニアド ガーメンツの中でも最もベーシックなデザイン。ゆったりとしたボディで暑くなる夏の季節も快適に着用することができる。胸元にはポケットをオン。襟元は1ボタンなので、少し開けて着用することもできる。

 カラーは全3色。ホワイト・ブラックのベーシックカラーはオフィスシーンでも活躍してくれそうだ。

■ドライカノコカラーブロックポロシャツ

 背中と左袖・前身頃と右袖で色を切り替えた「ドライカノコカラーブロックポロシャツ」は、エンジニアド ガーメンツの個性が際立つアンバランスなデザインが魅力。ホワイトのボディにはライトグレーのアームを、ライトグレーのボディにはベージュの袖を組み合わせた。カーキ、ネイビーは濃淡異なる色彩でカラーブロック風に仕上げている。

素材には、汗をかいても乾きやすいドライ機能をプラスした鹿の子素材を使用。

■ドライカノコボーダーポロシャツ

 「ドライカノコボーダーポロシャツ」は、太さの違うボーダー模様をミックス。右サイドが最も細かい縞模様になっていて、左に移るにつれて縞模様が太くなっていくプレイフルな仕上がりだ。胸元のポケットにも、ボーダー柄をのせている。カラーは全3色で、オリーブのみ限定店舗での展開となる。

■カノコプリントポロシャツ

 更にデザインアレンジを効かせたのが「カノコプリントポロシャツ」。大きなドット柄、ボタニカルパターンなど3つの図柄を融合させた。「ドライカノコボーダーポロシャツ」同様に、ボディを縦に3等分するように異なる模様があしらわれている。

ベーシックなカラーながら、ポップなデザインなので、夏のおでかけシーンで着用するのがおすすめだ。

■選べるサイズ&カラー

 サイズはどのモデルもXS~4XLの幅広い展開。好みのシルエットや組み合わせるボトムス・小物によってサイズをセレクトできる。

カラーは、爽やかなホワイト、クールなネイビー、ミリタリーテイストのオリーブなどのデイリーに馴染みやすいラインナップ。各モデル3~4色展開なので、自分好みの1着がきっと見つかるはずだ。

■コラボの証は限定タグ

 また、ユニクロ アンド エンジニアド ガーメンツのポロシャツには、コラボレーションの証として両ブランドのロゴ入りタグがあしらわれている。

■ユニクロとエンジニアド ガーメンツの関係

 ユニクロ アンド エンジニアド ガーメンツの発売にあたり、ユニクロは「創業時から、世界のものを知り尽くした日本人が発信するアメリカ発のブランド。服の本質を見抜き、毎シーズン未来へ向けた提案をされる尊敬するブランド」とエンジニアド ガーメンツに対してコメント。

 また、本質を理解しシンプルなデザインを未来に向けてよりよくしていくというユニクロのデザイン発想の中で、今回メンズの春夏定番アイテム・ポロシャツを一緒に作るというアイデアに至ったという。

■人気ブランドとのコラボに積極的なユニクロ

 なお、ユニクロはこれまでロエベ(LOEWE)のデザイナーであるジョナサン・ウィリアム・アンダーソンのブランドJW アンダーソン(JW Anderson)やマリメッコ(marimekko)とのコラボレーションコレクション、アレキサンダー ワン(alexanderwang)とタッグを組んだヒートテックエアリズムのインナーウェアなど、人気ブランド・デザイナーとともにコラボレーションを行ってきた。

■【詳細】

 ユニクロ アンド エンジニアド ガーメンツ
発売日:2019年5月27日(月)
販売店舗:全国のユニクロ店舗、オンラインストア
価格:
・オーバーサイズポロシャツ 1,990円+税
・ドライカノコカラーブロックポロシャツ 1,990円+税
・ドライカノコボーダーポロシャツ 2,990円+税 ※オリーブは一部店舗でのみ展開
・カノコプリントポロシャツ 2,990円+税 ※一部店舗でのみ展開
※XSおよびXXL~4XLはユニクロオンラインストアでのみ展開

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードコラボレーションユニクロロエベ(LOEWE)エンジニアド ガーメンツ

広告

広告

写真で見るニュース

  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
  • 新型「BMW X1」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • エクステリア(写真:トヨタ自動車発表資料より)
  • 完成した住友不動産秋葉原駅前ビル(住友不動産発表資料より)
  • 登録証と記念盾。(画像:Meiji Seikaファルマ発表資料より)
  • 結び目状をした複数の星周円盤が連星系を囲む様子 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Alves et al.
 

広告

ピックアップ 注目ニュース