Adobe CC、突然古いバージョンの製品の使用を認めない方針に変更

2019年5月11日 21:56

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

hylom 曰く、 Adobe SystemsがCreative Cloudで利用可能な製品を直近数バージョンのみとし、古いバージョンを非認定として使用を認めない方針を明らかにした(Adobeの告知jdash2000 siteの記事Macお宝鑑定団Blogの記事DTP Transitの記事)。

これまでCreative Cloudでは、最新版以外のバージョンの製品(CS6含む)を利用することもできた。しかし、突然この仕様が変更され、Creative Cloudのインストーラからは古いバージョンのものがインストールできなくなっているようだ。

 この変更は事前の周知が行われなかったようで、ユーザーからは不満が出ている。CS6をダウンロード購入したユーザーの報告によれば、5月9日時点で購入履歴からダウンロード可能だったとのこと(Creative Cloudコミュニティフォーラム)。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ソフトウェア

 関連ストーリー:
Adobe CC、月額1,000円値上げ(との噂) 2018年12月27日
Adobe、写真編集・管理ソフトLightroomを大きく刷新。クラウド中心に 2017年10月23日
Adobe、Creative Suiteアプリのビューワー/エクスポーター的なものを提供するかも? 2013年05月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAdobe

広告

広告

写真で見るニュース

  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
  • 極大を迎えるミラの位置 (c) 国立天文台
  • 新型Audi A1 Sportback(写真:アウディジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース