国際 RSS

 

台湾、災害時の偽ニュースを厳罰化 死者が出た場合は無期懲役も

2019年5月9日 22:32

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 台湾で「災害防救法」の修正案が可決された。この修正案には、災害時に偽ニュースを拡散する行為を禁止し、これによって公共や他人に損害を与えた場合罰金や懲役などの処罰を与えることが盛り込まれている(NHKNNA ASIAフォーカス台湾)。

 昨年台湾では、日本の関西国際空港が台風の影響で封鎖された際に「中国領事館が優先的に中国人を避難させた」という偽ニュースがSNSで広まり、その結果台湾の外交当局に批判が集中。台湾の駐日外交官が自殺するに至っている(東洋経済)。これをきっかけに法改正の動きが出たようだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | IT | SNS

 関連ストーリー:
WhatsApp、偽ニュース対策としてメッセージの転送制限を世界中で適用 2019年01月25日
高齢者は偽ニュースを拡散しやすいという調査結果 2019年01月15日
イランの通貨暴落はメッセージングアプリのせい? 2018年12月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード台湾偽ニュース関西国際空港

広告

広告

写真で見るニュース

  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
  • 極大を迎えるミラの位置 (c) 国立天文台
  • 新型Audi A1 Sportback(写真:アウディジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース