Windowsの「令和」元号対応更新プログラム、一部アプリで不具合

2019年5月8日 00:47

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Microsoftが4月26日に新元号「令和」に対応するための更新プログラムをオプション扱いでリリースした。5月1日にはWindows 10 バージョン1809向けの更新プログラムもリリースされ(窓の杜)、これで現在サポートされているすべてのバージョンのWindowsで新元号対応のための更新プログラムがリリースされたことになるが、これらに関連する不具合も複数報告されているようだ(Qiitaに投稿された報告記事1報告記事2)。

 特に大きな問題として指摘されているのは、一部のアプリケーションで画面表示が崩れるというもの(「KancolleSniffer」での報告)。更新プログラムを導入すると、MS UIゴシックやMS Pゴシックでテキストの幅が僅かに大きくなり、そのためレイアウトが崩れるケースがあるようだ。

 また、本来オプションとして配布されるはずの更新プログラムが誤って一部のユーザーに自動配信される問題も発生している(窓の杜)。この更新プログラムには新元号関連の変更も含まれており、インストールされると和暦を扱うアプリケーションに影響が発生する可能性もあるという。

 スラドのコメントを読む | Windows

 関連ストーリー:
今日から令和 2019年05月01日
Microsoft、新元号「令和」対応のための更新プログラムをオプション扱いで配信開始 2019年04月26日
LibreOffice 6.2.3公開、新元号「令和」に対応 2019年04月23日
「令和」合字に対応した源ノ角ゴシックver.2.001リリース 2019年04月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsWindows 10

広告

広告

写真で見るニュース

  • フランクフルトモーターショーで話題となったフォルクスワーゲン・ID.3(画像: フォルクスワーゲン発表資料より)
  • 自動手荷物預け機のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 「ザ・コラーゲン B-Shot」(画像: 資生堂の発表資料より)
  • 第46回東京モーターショーでダイハツが出展する予定のコンセプトカー「WakuWaku(ワクワク)」(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • 2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
 

広告

ピックアップ 注目ニュース