JR予土線、列車がタケノコに接触で10分遅れ

2019年5月8日 09:49

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 列車がタケノコに接触したため一時停車し、その結果遅延が発生するというトラブルが発生した(共同通信)。

 この問題が発生したのは、高知県と愛媛県を結ぶJR予土線の西ケ方駅と真土駅の間。車両の左前方に線路脇に生えていたタケノコが接触、安全確認のため一時停車を行ったという。このタケノコは乗務員によって撤去されたようだ(Twitterに投稿された問題のタケノコの写真)。

 スラドのコメントを読む | 交通

 関連ストーリー:
鉄道運休や遅れ、ここ30年間で3倍に 2019年02月28日
アートディンク、スマートフォン向けゲーム「相鉄線で行こう」をリリース 2018年12月17日
国交省が鉄道遅延を「見える化」、遅延の原因の過半数は乗客などによる外部要因 2018年01月10日
鹿専用踏切、グッドデザイン賞受賞 2017年11月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告