イオン九州<2653>のフィスコ二期業績予想

2019年5月2日 20:40

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*20:40JST イオン九州<2653>のフィスコ二期業績予想
※この業績予想は2019年4月12日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

イオン九州<2653>

3ヶ月後
予想株価
1,900円

イオンの連結子会社として九州地区でGMSを展開。ホームセンターも手掛ける。今年9月に予定していたマックスバリュ九州との経営統合を延期。ただし統合に向けた協議は継続へ。19.2期は自然災害や競争激化で低調。

20.2期は消費者の関心が高い健康関連商品の品揃えを拡充し、客数を呼び戻す。人件費上昇を本社のスリム化などで吸収。下期に消費増税の影響あるが、利益反発へ。経営統合に対する期待後退で株価の上値は重いと想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
20.2単/F予/220,000/300/350/200/10.63/10.00
21.2単/F予/225,000/600/650/400/21.27/10.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2019/04/12
執筆者:JK《CN》

広告

広告

写真で見るニュース

  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
  • 2018年4月25日に公開された詳細な銀河系の立体地図 (c) ESA
  • ブランチ札幌月寒のイメージ(画像: 大和リース発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース