イオン九州<2653>のフィスコ二期業績予想

2019年5月2日 20:40

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*20:40JST イオン九州<2653>のフィスコ二期業績予想
※この業績予想は2019年4月12日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

イオン九州<2653>

3ヶ月後
予想株価
1,900円

イオンの連結子会社として九州地区でGMSを展開。ホームセンターも手掛ける。今年9月に予定していたマックスバリュ九州との経営統合を延期。ただし統合に向けた協議は継続へ。19.2期は自然災害や競争激化で低調。

20.2期は消費者の関心が高い健康関連商品の品揃えを拡充し、客数を呼び戻す。人件費上昇を本社のスリム化などで吸収。下期に消費増税の影響あるが、利益反発へ。経営統合に対する期待後退で株価の上値は重いと想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
20.2単/F予/220,000/300/350/200/10.63/10.00
21.2単/F予/225,000/600/650/400/21.27/10.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2019/04/12
執筆者:JK《CN》

広告

広告

写真で見るニュース

  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース