機器の天板や下部に置くだけで電磁波を遮断しノイズ抑制というシート発売

2019年4月26日 10:06

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 トップウイングサイバーサウンドグループが、「ノイズ抑制シート」なる製品を発売する(AV Watch)。

 「シリコンをベースに、レアメタル、遠赤外線発生成分(-196℃で36時間の極低温プロセス処理済・特許取得)、イオンパウダー(特許取得)、二酸化チタン光触媒、シリカウェーハ絶縁コーティング、帯電防止剤、グラフィンなど10種類の成分をTelos Audio Design独自のノウハウで調合しシート化した」という製品で、「オーディオ機器に悪影響を及ぼすノイズを遮断するだけでなく、サウンドの密度を上げる作用」もあるという。

 使用例としては、PCやオーディオ機器、スマートフォンなどの天板や下部に置く例が紹介されている。価格はA4モデルが3万円、B5モデルが1万5,000円、「Small」モデルが7,500円。

 スラドのコメントを読む | 音楽

 関連ストーリー:
オーディオマニアに注目される燃料電池 2018年12月07日
「アンバランス伝送でバランス伝送と同等の音質」をうたうケーブル 2018年06月05日
USBオーディオは転送方式の違いで音が良くなる? 2018年02月21日
パナソニックもUSB端子に挿すだけでオーディオの音質を向上させるというデバイスを発表 2017年11月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードスマートフォンPCAudiイオン(AEON)特許オーディオ

広告