中国、新ビデオゲーム規則で「血」「死体」「麻雀」など禁止へ

2019年4月25日 09:25

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 中国はゲームに対する規制を強化しており、現在中国ではゲームをリリースする際に当局の審査をクリアする必要があるが(過去記事)、最近この審査プロセスや規制内容の変更および明文化が行われたという(Engadget日本版日経新聞Game*Spark)。

 これを伝えるniko partnersの記事によると、新規制には以下の項目が含まれているという。

 コンテンツの審査を行うためのインラインゲーム論理委員会の設置 
 新規タイトルに対する許認可プロセスの最下位 
 審査を受け付ける年間のゲームタイトル数に上限を設定 
 「中毒防止システム」の研究と実装 
 WeChatのようなプラットフォーム上でプレイできるミニゲームやHTML5ベースのゲームといったダウンロード無しにプレイできるゲームも許認可の対象に 
 ゲームパブリッシャへの自主規制の要請 
 伝統文化や歴史的に正しいコンテンツの推進 また、麻雀やポーカーなどを含むギャンブル系のゲームと、死体や血だまりが出るゲームは全面的に禁止されるとのこと。血の色を緑色にする、といった回避策も認められないという。また、「低品質なコピーゲーム」「不道徳・わいせつなコンテンツ」もNGだそうだ。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | 検閲 | ゲーム | 中国

 関連ストーリー:
中国当局が再開した中国製オンラインゲームの認可、12月分は80タイトルにとどまる 2019年01月04日
中国当局、間もなくビデオゲームの認可を再開する見通し 2018年12月24日
Tencent、中国向けゲーム全タイトルで実名登録と未成年へのプレイ時間制限を課す方針 2018年11月08日
中国、ゲームの認可プロセスを完全に停止 2018年10月29日
中国当局、ゲームへの規制強化を行う方針、課税も検討 2018年09月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国

広告

写真で見るニュース

  • TORQUE G04。(画像:KDDI発表資料より)
  • 「島耕作も愛した幻の立ちそば 虎ノ門 港屋 辛香るラー油の鶏そば」(画像: 日清食品の発表資料より)
  • ジャガー「XE」2020年モデル。(画像: ジャガー・ランドローバー・ジャパンの発表資料より)
  • Mazda3のオーディオシステム。(画像: マツダの発表資料より)
  • 虎ノ門・麻布台プロジェクト完成イメージ。(画像:森ビル発表資料より)
  • BMW 330e iPerformance(画像: BMWの発表資料より)
  • 「ポルシェタイカン」ナルドでのテスト風景(画像:ポルシェ ニュースルーム発表資料)
  • 蛇田店に配備されているせいきょう便(みやぎ生協発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース