三菱UFJニコス、カードブランドのシステム統合を中止

2019年4月24日 21:27

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 三菱UFJニコスは現在複数のブランドでクレジットカードを提供しており、それぞれで管理システムも異なっていたことからこれらシステムの統合を計画していたが、この計画が中止されるという。計画中止による損失は1000億円規模だそうだ(日経新聞産経新聞ブルームバーグ朝日新聞)。

 三菱UFJニコスは三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社で、銀行を中核とする金融グループの合併によりMUFGカード(UFJカード)、DCカード、NICOSカードの3ブランドのクレジットカードを提供していた。システムの統合に向けた開発は2016年から行われており、2022年3月期までに統合を完了する予定だった。

 計画中止の理由としては「キャッシュレス決済をめぐる環境の激変」により「開発中のシステムでは優位性が薄い」と判断されたためだという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | IT | お金

 関連ストーリー:
Facebookの一部投資家、Mark Zuckerbergの解任を求める 2019年04月19日
三菱UFJ、芦屋など10市で契約解除 2019年03月01日
経産省、地方交通機関向けにQRコードを使った共通決済システムを検討 2018年10月23日
東証で売買システムに障害が発生、「通常の1000倍以上の動作確認用電文」が送られたのが原因 2018年10月10日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードクレジットカードキャッシュレス決済

広告

広告

写真で見るニュース

  • ファイナルファンタジーXIVウエディングオリジナル演出。4K対応の大迫力スクリーンの前で、オリジナル証明書へのサイン。(画像:ブライダルハート発表資料より)
  • SBXC039。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)
  • 「派遣BOARD」のイメージ。(画像: ハケンボード発表資料より)
  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
 

広告

ピックアップ 注目ニュース