Windowsの「令和」対応更新、GW前に間に合わない可能性も

2019年4月24日 21:50

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 新元号「令和」に対応するためのWindows向け更新プログラムが、ゴールデンウィーク前には間に合わない可能性があると日経xTECHが報じている

 日本マイクロソフトによると、米Microsoftは4月26日までの配信開始を目指しているそうだが、間に合わない可能性もあるという。また、Windows 10と8.1、7で更新プログラムの配信時期が変わる可能性もあるようだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | マイクロソフト | IT

 関連ストーリー:
LibreOffice 6.2.3公開、新元号「令和」に対応 2019年04月23日
「令和」合字に対応した源ノ角ゴシックver.2.001リリース 2019年04月12日
新元号「令和」、中国で2017年に商標登録出願されていた 2019年04月05日
平成31年度は5月からは令和元年度になるか 2019年04月04日
新元号は「令和」に、施行は5月1日 2019年04月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsWindows 10マイクロソフトゴールデンウィーク

広告