インド、動画共有アプリ「TikTok」のダウンロードを禁止

2019年4月24日 09:48

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 インド政府がスマートフォン向け動画共有アプリ「TikTok」の新規ダウンロードを禁止するという(ロイターBBCNewsweekForbes)。

 TikTokは中国・(ByteDance)が手がけるアプリで、手軽に動画をアップロードして公開できることからアジアを中心に最近人気を集めている。今回インド政府が配信を禁止する理由として、ポルノなど「不適切」なコンテンツがTikTokを通じて拡散する恐れがあるからとしている。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | 検閲 | モバイル | 携帯電話

 関連ストーリー:
中国のIT企業、インドのスマホアプリ市場に参入しシェアを獲得 2019年01月09日
インド電気通信規制庁開発のiOS版スパム電話/SMS報告アプリ、ようやくApp Storeで公開 2018年12月02日
iPhoneがインドの携帯電話ネットワークから切断される可能性 2018年07月24日
インド政府では業務でGoogleマップを使用できない。政府曰く、精度が不十分 2017年06月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国インドTikTok

広告