ジョン スメドレーの定番ニットポロ、クラシカルなメンズ「ISIS」や日本限定ウィメンズスキッパーポロ

2019年4月22日 19:56

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ジョン スメドレー(JOHN SMEDLEY)からメンズ・ウィメンズのニットポロを紹介。

■ジョン スメドレー春夏の定番ニットポロ

 ニットポロは、ジョン スメドレーの春夏シーズンに欠かせない定番アイテム。メンズ・ウィメンズ共に、カラーバリエーションも豊富に取り揃えている。

 メンズの「ISIS」は、1971年から変わらず提案され続けているコットンクラシックニットポロ。無駄を排除したミニマルなシルエットながら、やや大きめに設定された襟や、丁寧に見返ししたボタン部分の前立てなど、細部にまでこだわって作られている。

鹿子ではなく平編みのニットポロのため、ジャケットのインナーとしても上品にきまる。ボタンを上まで止めてクラシカルに着こなしても良し。1つ開けてスカーフを巻き、遊び心溢れるコーディネートを楽しむのも良し。カラーもブラック、ホワイトといったベーシックカラーをはじめ、ブルー、レッドなど14色と豊富なので、自分好みのスタイルで楽しみたい。

 ウイメンズのスキッパーポロは、定番ニットポロのスキッパータイプとして別注している日本限定アイテム。ドロップショルダーや太めのウエストリブなどが、絶妙なシルエットを生み出している。

着丈が短めなのでボリューミーなスカートや、ハイウエストのボトムスと好バランス。カラーバリエーションは全10色となっており、ベーシックカラーはもちろんのこと、ピンクやイエローなどさらりと一枚で着こなしたい鮮やかなカラーも取り揃える。

■19春夏新作シャツ&カーディガンも

 ジョン スメドレーの2019春夏コレクションには、その他にも日常使いしたい新作が多数ラインナップ。ニットの落ち感を生かしたオーバーサイジングなシルエットと開襟風デザインが魅力のメンズ半袖ニットシャツや、ドロップショルダーや太めのウエストリブ、脇に入ったスリットが特徴の日本限定ウィメンズカーディガンなどが用意されている。

■エデンワークスとのコラボキャンペーン

 なおジョン スメドレーは4月20日(土)より、シーズンテーマである「WILD:A LANDSCAPE OF DREAMS」に基づいた、エデンワークス(edenworks)とのコラボレーションキャンペーンを実施。

4代目ジョン・マースデン・スメドレーが亡き妻を想い、田園が広がる敷地に美しい庭園を作り上げたというエピソードに着想得て、各店にドライフラワーのショップウィンドウを展開する。また2万円(税込)以上購入者に、ノベルティとしてジョン スメドレー×エデンワークス特製パッケージングのドライフラワーを数量限定でプレゼントする。

【詳細】
ジョン スメドレー ニットポロ&2019年春夏コレクション新作
アイテム例:
・ポロニット「ISIS」<メンズ> 26,000円+税 14色展開
・スキッパーポロ<ウイメンズ> 27,000円+税 10色展開
・半袖ニットシャツ<メンズ> 36,000円+税 8色展開
・カーディガン<ウィメンズ> 33,000円+税 10色展開

■ジョン スメドレー×エデンワークス

日程:2019年4月20日(土)~5月6日(月・祝)
実施店舗:ジョンスメドレー銀座名古屋大阪神戸福岡、公式ウェブサイト

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードコラボレーション2019年春夏コレクション

広告

写真で見るニュース

  • スターバックスリザーブストア銀座マロニエ通りの外観イメージ。(画像:スターバックスコーヒージャパン発表資料より)
  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース