日産、フェアレディ生誕50周年記念モデル公開 期間限定発売予定

2019年4月21日 22:26

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

日産がこの夏に発売を予定するフェアレディ生誕50周年記念車となる「Fairlady Z 50th Anniversary」

日産がこの夏に発売を予定するフェアレディ生誕50周年記念車となる「Fairlady Z 50th Anniversary」[写真拡大]

写真の拡大

 日産自動車は同社の2座スポーツクーペ「フェアレディZ」の生誕50周年を記念した限定モデル「フェアレディZ 50th Anniversary」を公開した。

【こちらも】日産シンボリックカー戦略 GT-Rがいくら注目を集めても、売れる台数は限られる

 DATSUN「フェアレディZ」は、1969年の発売から連綿と世界トップレベルの走行性能や、走りのために鍛え上げられたしなやかでダイナミックなデザインなど、あらゆるシーンで走る愉しさを満喫できる真のスポーツカーとして、世界のユーザーから高い評価を得てきたモデルだ。

 その生誕50周年を記念し、今回公開した「フェアレディZ 50th Anniversary」モデルは、1970年にアメリカのSCCA(スポーツ・カー・クラブ・オブ・アメリカ)のレースで優勝した「Datsun 240Z BRE」のデザインを新たな解釈で再現したクルマといえる。

 現行のフェアレディZをベースに、ブリリアントホワイトパールのボディに、バイブラントレッドの組み合わせと、ブリリアントシルバーのボディに、ダイヤモンドブラックの組み合わせた2種類のカラーリングを設定した。

 フロントフェンダーにステッカーを、そしてリヤには、50周年記念を象徴するバッジを追加し、ホイールリムにレッドラインを追加した19インチアルミホイールを採用した、なかなか迫力のあるスタイリングだ。

 インテリアには、レーシングカーをイメージさせるセンターストライプを施したアルカンターラ表皮のステアリングホイール、専用キッキングプレート、専用カラーのシフトノブ、専用ステッチを施したパワーシートやドアトリムを採用している。

 また、シート、シフトノブ周りやメーター内に50周年記念ロゴを配すると共に、その他多くの専用装備で、50周年記念車の特別感を演出している。

 搭載する3.7リッターV6エンジンは、出力332ps/7000rpmを発生。革新的な可変バルブシステム「VVEL」は、吸気バルブの開閉動作を最適化する。トランスミッションはマニュアル(MT)とオートマティック(AT)が選択可能で、6速MT搭載車には「シンクロレブマチック」と呼ばれたシフトダウンレブマッチングシステムを搭載したクロスレシオギアボックスが装備されている。

 日産は、この「フェアレディZ 50th Anniversary」を、2020年3月末までの期間限定モデルとして、今夏に発売を予定していると発表した。価格などは未定。

 公開した「フェアレディZ 50th Anniversary」は、「NISSAN GT-R NISMO」2020年モデルと「NISSAN GT-R 50th Anniversary」と共に、東京銀座にあるニッサンブランドのグローバル発信拠点「NISSAN CROSSING(ニッサン クロッシング)」にて展示する。詳細については、「NISSAN CROSSING WEB」サイトの公式サイトで。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
「NISSAN e-シェアモビ」順調に拡大し、サービス開始1年で500カ所のステーション
ルノーと日産、中国・上海に研究開発拠点「アライアンス研究開発公司」を設置
日産、アフリカ自動車市場拡大を睨み南アフリカのロスリン工場de大規模投資を実施

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード日産自動車フェアレディZ

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
 

広告

ピックアップ 注目ニュース