グランドセイコー、日産スポーツカー「GT-R」着想の新作ウォッチ

2019年4月21日 08:45

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 セイコーウオッチはグランドセイコー(Grand Seiko)「スポーツ コレクション」から、日産のスポーツカー「NISSAN GT-R 50th Anniversary」にインスパイアされた数量限定コラボレーション腕時計を発売。2019年6月8日(土)より、グランドセイコーブティック、グランドセイコーサロンにて販売する。

■日産のスポーツカー「NISSAN GT-R 50th Anniversary」とは

 「NISSAN GT-R 50th Anniversary」は、日産のスポーツカー「GT-R」の原点である1969年発売モデル「スカイライン 2000GT-R」のレーシング仕様にオマージュを捧げた自動車。2020年3月末まで販売される期間限定車となっている。

■“ワンガンブルー”着想のケース×ホワイトのストラップ&ダイヤル

 グランドセイコーとのコラボレーションウォッチのベースとなったのは、“ワンガンブルー”の「NISSAN GT-R 50th Anniversary」。

鮮烈な走りを印象づける“青”を主体としたこのカラーリングに着想を得て、“グランドセイコーブルー”のセラミックスとブライトチタンのハイブリッド構造を持つ腕時計を制作した。硬いセラミックスパーツが時計を外傷から守りつつ、軽量なブライトチタンケースと掛け合わせることによって高い装着性と防水性も実現している。

 日産レーシングカーのアイコニックなストライプを連想させる“白”は、クロコダイルストラップとホワイトシルバー色のダイヤルで再現。“グランドセイコーブルー”のケースと組み合わせることによって、開放的なスポーツウォッチを完成させた。

■「GT-R」ロゴをあしらったムーブメント

 搭載するムーブメントは、誕生20周年を迎えたセイコーウオッチ独自の駆動機構「スプリングドライブ」。電池が不要であること、外部環境の影響をほぼ受けない安定した時間精度、流れるように滑らかな秒針の運びなどを特徴に持つ。

 記念ロゴを配したシースルーバック仕様の裏ぶたからは、コラボレーションの証である18KYG製「GT-R」ロゴワッペンがセットされた回転錘と、ムーブメントが時を刻む姿を目にすることができる。また、スポーツモデルと相性のよいストップウォッチ機能を有したキャリバー「9R96」を搭載している。

【詳細】
<グランドセイコー> スポーツ コレクション
Spring Drive 20th & NISSAN GT-R 50th Anniversary Limited Edition
発売予定日:2019年6月8日(土)
取扱店舗:グランドセイコーブティック/グランドセイコーサロン
希望小売価格:2,200,000 円+税
限定数量:世界限定200本
ケース:セラミックス(グランドセイコーブルー)+ブライトチタン
ストラップ:クロコダイル
ダイヤル:ホワイトシルバー

■商品仕様

ガラス素材 デュアルカーブサファイアガラス(内面無反射コーティング)/裏ぶた サファイアガラス(シースルー・スクリューバック)/防水性能 日常生活用強化防水(10気圧防水)/耐磁性能 耐磁時計(JIS 耐磁時計1種)/ケースサイズ[外径]46.4mm(りゅうず・突起部含まず)[厚さ]16.2mm/その他 ねじロック式りゅうず/アフターサービス メーカー保証 保証期間3年間

■ムーブメント仕様

スプリングドライブ クロノグラフ GMT キャリバー 9R96/巻上方式 自動巻/時間精度 平均月差±10秒(日差±0.5秒相当)気温5℃~35℃において腕に着けた場合/パワーリザーブ 約72時間(約3日間)/石数50石/付加機能 日付表示機能、パワーリザーブ表示機能、24時針(デュアルタイム表示機能)、ストップウオッチ機能(30分計・12時間計)、カレンダー連動時差修正機能

【問い合わせ先】
セイコーウオッチ(株) お客様相談室
TEL:0120-061-012(通話料無料)

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードコラボレーションGT-Rセイコーウオッチスカイライン

広告

写真で見るニュース

  • スターバックスリザーブストア銀座マロニエ通りの外観イメージ。(画像:スターバックスコーヒージャパン発表資料より)
  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース