アンワインド ホテル&バー 小樽、築100年の歴史的建造物を改築

2019年4月20日 21:23

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ホテル「アンワインド ホテル&バー 小樽」が北海道・小樽市にオープン。2017年に札幌市内にオープンした1号店に次ぐ2号店として、快適な宿泊環境を提供する。

■小樽市指定歴史的建造物を改装

 「アンワインド ホテル&バー 小樽」の建物は、築100年の歴史を持ち、小樽市指定の歴史的建造物にもなっている「旧越中屋ホテル」。今回は、歴史を感じる建物の情緒や美観はそのままに、モダンな感性で館内を改装。ホテルでは、クラシックな雰囲気とコンテンポラリーな内装デザインが融合したユニークな世界観を体験することが出来る。

■客室は3タイプで用意

 客室は、「旧越中屋ホテル」時代の躯体のみを残して、全てリノベーション。スタンダードダブルとスーペリアツイン、ロフト付の4ベッドルームの3タイプを用意する。

■こだわりの朝食「モーニングハイティー」

 イギリスのアフタヌーンティーやハイティーから着想得た、こだわりの朝食「モーニングハイティー」も見逃せないポイント。「サーモンと北海道産クリームチーズのサンド」や「北海道産ベーコンと玉ねぎのスパニッシュオムレツ」など、北海道の食材をふんだんに使用した彩り豊かな料理が並ぶ3段スタンドで、普段とは違った優雅な朝食を楽しめる。

【詳細】
アンワインド ホテル&バー 小樽
開業日:2019年4月13日(土)
住所:北海道小樽市色内1-8-25
TEL:0134-64-5810

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース