英語教育、高校では「地域間で大きな差」 是正必要と文科相

2019年4月18日 09:25

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 柴山昌彦文部科学大臣は16日の記者会見で、昨年12月現在での公立小中高校での英語教育実施状況調査の結果、小学校で取り組みが進んでいることが分かったが、高校においては地域間格差があるとして是正していく必要があるとの認識を示した。

 柴山大臣は「小学校では2020年度からの教科化に向け指導体制の充実が進んでいることがうかがえた。中高では生徒の英語力は上昇しているが地域による差が大きい」として「地域間の差を埋めていく必要がある」と述べた。

 柴山大臣は特に高校での授業では「英語での言語活用の割合や話すことと書くことのパフォーマンス評価の実施率が低い」と述べ「(話す、聞く、書くなど)バランスよく育成していく取り組みが必要だ。大学入学者選抜では4技能を適切に評価する必要がある」と述べた。

 また柴山大臣は「高校教育、大学入学者選抜、大学教育を一体として改革する必要を感じている」とも述べた。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
日本人の英語力、さらに低下。88か国中49位。他国との差、広がる
「2020年の教育改革」親世代の賛成9割超える 関心高かったのは「プログラミング」
進むグローバル化 子供の英語教育いつからはじめてる?

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。