フォードCEO、自律走行車の実現を買いかぶりすぎていたと発言

2019年4月17日 14:43

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 フォードのジム・ハケットCEOが、完全な自律走行車の実現は「期待されたほど早くない」と発言して注目を浴びている(WIREDEngadgetSlashdot)。

 この発言は、4月9日にデトロイト経済界の会合で行われたもの。フォードの自律走行車部門責任者であるSherif Markabyが自律走行車の計画に関する詳細を発表してから6か月後の発言となったことから、同社の自律走行車の開発状況が思わしくないのではないかとも推測されている。

 フォードは仮想運転手AIシステムを開発しているArgo AIへ10億ドル以上、2023年までの技術開発に40億ドル以上を投資している。同社は2021年までに無人運転車両を開発する目標を変えていないが、「その展開はジオフェンス(仮想境界線)の内側の非常に限られたものになると発言した。

 昨年11月にはGoogle系のウェイモCEOのジョン・クラフチックが、「自律走行の技術には必ず何らかの制約が伴う」と語り、本当にどこへでも行ける自律走行車は実現しないかもしれないと示唆しているなど、自律走行車の実現に対し後退気味の発言が目立つようになってきている。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー | 交通

 関連ストーリー:
トヨタの下請けで最も多いのはソフトウェアの受託開発業者 2019年03月13日
米国家道路交通安全局の「自動運転で事故発生率が減少」との発表に対し異議 2019年02月20日
自動運転車の普及で駐車する代わりに低速で走行し続ける車が増加するとの予測 2019年02月08日
国交省が自動車システムのプログラム更新を「許可制」にするとの報道 2019年02月07日
JR山手線で自動運転の走行試験が実施される 2019年01月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードフォード

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
 

広告

ピックアップ 注目ニュース