コーネル大学の研究論文、分散型仮想通貨取引所の不正取引を指摘【フィスコ・ビットコインニュース】

2019年4月16日 14:32

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:32JST コーネル大学の研究論文、分散型仮想通貨取引所の不正取引を指摘【フィスコ・ビットコインニュース】
コーネル大学ジョンソン経営大学院のコーネルテック(Cornell Tech)他複数の大学の研究者が、特定の仮想通貨取引所における取引操作が横行していると論文(Flash Boys 2.0: Frontrunning, Transaction Reordering, and Consensus Instability in Decentralized Exchanges)で指摘した。

論文の中では、分散型仮想通貨取引所(decentralized exchanges)においてフロントランニングと呼ばれる不正取引や、高速高頻度取引(HFT)をテーマにした米ベストセラー書籍「フラッシュボーイズ」のような不正取引を検出したと指摘している。また、こうした不正取引の影響が数十億ドルにも及ぶのではないかと示唆している。

論文の中では、分散型仮想通貨取引所における取引には複数のアービトラージの自動売買取引が参加して、一般のトレーダーによる取引から利益を得ている可能性を指摘している。また、自律型取引プログラムを展開する企業はより高い手数料を払うことで優先的に取引できる利点を使い、他社の注文情報を見て売買するフロントランニングを行っているとしている。《SI》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース