東京為替:ドル・円は底堅い、上海総合指数は堅調地合いを維持

2019年4月16日 15:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*15:15JST 東京為替:ドル・円は底堅い、上海総合指数は堅調地合いを維持

 16日午後の東京市場でドル・円は111円90銭台と、レンジ取引が続く。日経平均株価は前日比52円高で取引を終え、日本株高をやや好感した円売り方向に振れやすい。一方、上海総合指数が1%超高を維持し、欧米株式先物も堅調地合いで今晩の株高が見込まれドル買い・円売りの流れ。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円88銭から112円05銭。ユーロ・円は126円38銭から126円68銭、ユーロ・ドルは1.1293ドルから1.1307ドルで推移。《KK》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース