中国のApple Music、天安門事件に関連するとされる曲を検閲

2019年4月16日 09:25

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 Apple Musicのストリーミングサービス上で、香港の人気歌手ジャッキー・チュン(張學友、Jacky Cheung)の楽曲が検閲対象となったという(GIZMODOSlashdot)。

 問題の曲は「Ren Jian Dao」で、1989年の天安門事件に対する抗議の意志を込めたものだとされる。今年の6月に天安門事件は30周年を迎えることから、中国共産党によって検閲されたとみられている。

 Apple Musicでの検閲はこれだけではなく、たとえばAnthony WongやDenise Hoというアーティストの楽曲も検閲対象になっているという。これらアーティストの楽曲は中国以外では購入可能となっているといい、検閲の理由は民主主義を支持しているためだと推測されている。

 中国研究者のYaqiu Wang氏はこれに対し、Appleは天安門の大虐殺に関連する歌を削除することで、中国共産党の歴史書き換えに荷担していると非難している

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | 検閲 | アップル | 中国

 関連ストーリー:
中国政府、国内のTwitterユーザーを一斉摘発? 2019年01月17日
Google、中国政府公認の検閲付き検索サービス「Dragonfly」計画を中止との報道 2018年12月21日
中国ではゲームの予告編映像からも「くまのプーさん」が消される 2018年11月22日
Google曰く、巨大な中国市場への再参入は重要 2018年10月19日
香港人気歌手の中国ツアーを見に来た逃亡犯、相次いで逮捕される。顔認識カメラで見つかる 2018年07月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国Apple共産党Apple Music