カードの暗証番号を電話機押させてだまし取る 特殊詐欺被害

2019年4月15日 22:07

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 暗証番号を電話機のボタンで押させることで、暗証番号をだまし取る詐欺の手口が確認されているという(NHK)。

 金融庁職員や銀行などの関係者を名乗り、電話機のボタンで暗証番号を入力させるというもの。犯人は、DTMF(別名「トーン信号」「プッシュ信号」)いわゆる「ピ、ポ、パ」音をデコードして暗証番号を知ったとみられる。暗証番号をだまし取った後、自宅などに訪問してキャッシュカードをだまし取り、これらを使って現金を出金するという手口だそうだ。

 こういった暗証番号を電話機に入力させる詐欺の手口は2017年にも報じられている

 スラドのコメントを読む | 犯罪

 関連ストーリー:
より「本物っぽい」封筒で届く架空請求 2018年12月25日
2018年世界で発生した詐欺電話、300%も増加 2018年12月21日
インド・デリーの偽コールセンター、偽のMicrosoftテクニカルサポートスタッフなど24名が逮捕 2018年10月09日
Apple Payを利用したクレジットカードの不正利用が発覚 2017年09月14日
「パプアニューギニアからの謎の国際電話」が急増? 2017年07月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード特殊詐欺金融庁

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 「ISSEスノーソックス」の装着イメージ。(写真:ISSE発表資料より)
  • MAZDA CX-30 X L Package(2WD車)(画像: マツダの発表資料より)
  • 「ヒルサイド」エリアイメージ(三菱地所・サイモン発表資料より)
  • 超新星爆発のイメージ。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース