映画『るろうに剣心』最終章 20年夏に2作連続公開へ

2019年4月15日 09:08

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 映画『るろうに剣心』最終章が、2020年夏に2作連続公開。引き続き、主演は佐藤健、監督は大友啓史が務める。

■人気シリーズ『るろうに剣心』

 原作は、「週刊少年ジャンプ」に連載された和月伸宏作の人気コミック「るろうに剣心−明治剣客浪漫譚-」。幕末から明治にかけての激動の時代を舞台に、かつては“人斬り抜刀斎”として恐れられた主人公・緋村剣心の活躍を描いたアクション時代劇コミックだ。

これまで実写化された『るろうに剣心』『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』の3作品は、シリーズ累計興行収入125億円以上を突破。度肝を抜くような超高速アクション、そしてエモーショナルに描かれる人間ドラマは、大きな反響を呼び、世界各国でも数々の賞を獲得した。

■遂に完結へ!

 そんな人気映画が、2020年夏に遂に完結を迎える。前作から5年ぶりとなる最新作は、全2部作で構成。原作の最終章にあたる<人誅編>をベースに、これまで語られることのなかった剣心の<十字傷の謎>の物語、またシリーズ最恐の敵・縁(えにし)との決着を描いていくようだ。動乱の幕末期と明治維新後の新時代の2つの時代の物語を通して明かされる、「るろうに剣心」の原点と究極のクライマックスに是非注目してほしい。

■主演に佐藤健

 主人公・緋村剣心は、『8年越しの花嫁』『サムライマラソン』の佐藤健が続役。

「毎回どの作品も全力で演じていますが、『るろうに剣心』に関しては、やはり特別な思いがあります。また、この二部作は、剣心の十字傷の秘密(剣心の過去)を描いていることもあり、剣心にとって間違いなく一番重要なエピソードです」とコメントを寄せている。

■監督に大友啓史

 監督は、引き続き大友啓史が担当。本作について、「今回描く物語は、ファンの方が一番大事にしているエピソードだと思いますし、初めて『るろうに剣心』を観る方にも届くような深い物語でもありますので、最終章は気合をいれ直し、いま全身全霊で挑んでいます」と、作品制作に対する意気込みを語っている。

かつて大河ドラマ『龍馬伝』を手掛けた大友が、新時代のアクション時代劇のクライマックスをどのように描くのか。その答えは是非、映画館の大スクリーンで確かめてほしい。

【詳細】
映画『るろうに剣心』最終章
公開時期:2020年夏(2部作連続)全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画
監督:大友啓史
主演:佐藤健

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード佐藤健8年越しの花嫁週刊少年ジャンプるろうに剣心サムライマラソン

広告