国際 RSS

 

野球場で雨に濡れたグラウンド乾かそうとガソリンまき使用不能に 米国で

2019年4月13日 21:08

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

米国コネティカット州リッジフィールドの野球場で6日、雨に濡れたグラウンドを速く乾かそうとした人がガソリンをまいて火をつけ、消防や警察などが出動する騒ぎになったそうだ(リッジフィールドのFacebook投稿[1][2]The Ridgefield Pressの記事[1][2]The Registerの記事)。

当日、この野球場では天候の問題により、予定されていた高校野球の試合開始が遅れていたという。誰が発案・実行したのかなどについては警察が捜査中だが、現場にいた人々は三塁ベースの周辺にガソリンをまいて火をつけてみた結果、グラウンドが速く乾くという結論に達し、合計24ガロン(約91リットル)のガソリンを使用したという。負傷者などは出なかったもののグラウンドは使えなくなってしまい、野球場は1週間閉鎖することになる。修復には内野部分を掘り起こして新しい土に交換する作業を行う必要があり、費用は5万ドルと見積もられているそうだ。リッジフィールドの 筆頭行政委員は、問題を解決しようとして考えた解決法が間違っていただけで、意図的な破壊行為ではないとの考えを示しているという。また、自治体の職員はかかわっていないとも述べているとのことだ。 

スラドのコメントを読む | idleセクション | idle | 変なモノ | スポーツ | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
カリフォルニア大学バークレー校で食事を配達するロボット、大学構内で炎上 2018年12月20日
札幌でガス爆発による建物倒壊炎上が発生、原因はスプレー缶の処理作業後の湯沸かし器点火 2018年12月18日
イーロン・マスク、火炎放射器を発売。2万台が売れるも山火事被害のあったカリフォルニア州では反発も 2018年06月07日
自作の火炎放射器を公園で使用した男性、軽犯罪法違反で書類送検 2018年01月26日
チタンヘッドのゴルフクラブから放たれる火花が火事の原因になる 2014年03月25日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカ

広告

広告

写真で見るニュース

  • ファイナルファンタジーXIVウエディングオリジナル演出。4K対応の大迫力スクリーンの前で、オリジナル証明書へのサイン。(画像:ブライダルハート発表資料より)
  • SBXC039。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)
  • 「派遣BOARD」のイメージ。(画像: ハケンボード発表資料より)
  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
 

広告

ピックアップ 注目ニュース