コインハイブ事件、検察側が控訴

2019年4月12日 09:21

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 サイト閲覧者の端末上でに無断で仮想通貨のマイニング(採掘)を行わせたとして不正指令電磁的記録保管の罪に問われていた男性に対し、横浜地裁が無罪判決を出したが(過去記事)、検察側はこれを不服として控訴したとのこと(弁護士ドットコムITmedia日経新聞)。

 横浜地裁はCoinhiveについて「人の意図に反する動作をさせるプログラム」としたもののの、不正な指令を与えるプログラムであるとは判断できないとの結論を出していた。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | 法廷 | インターネット | IT

 関連ストーリー:
一連のCoinhive事件で横浜地裁が初の無罪判決 2019年03月27日
すみだセキュリティ勉強会、神奈川県・埼玉県・千葉県警による不当逮捕を恐れ活動休止 2019年03月19日
毎日新聞のサイバー犯罪に関する報道に対し誤報との指摘 2019年03月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード仮想通貨

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 「ISSEスノーソックス」の装着イメージ。(写真:ISSE発表資料より)
  • MAZDA CX-30 X L Package(2WD車)(画像: マツダの発表資料より)
  • 「ヒルサイド」エリアイメージ(三菱地所・サイモン発表資料より)
  • 超新星爆発のイメージ。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース