新紙幣のデザイン、額面数字のフォントに賛否

2019年4月11日 08:55

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 財務省が紙幣(日本銀行券)を一新することを発表した(日経新聞)。発表された新紙幣は2024年度上半期より流通が開始される模様。紙幣は概ね20年ごとに刷新されており、前回の紙幣デザイン変更は2004年。そのため2024年というスケジュールが決まったようだ。

 一新されるのは1000円および5000円、1万円札。2000円札については現行のままで変更はないという。券面に印刷される肖像には1000円札では北里柴三郎、5000円札では津田梅子、1万円札では渋沢栄一が選ばれた。

 新紙幣の流通に応じて、自動販売機や両替機、ATMなどでは対応が必要となる。これらによる経済効果も期待されているが、こうした現金利用のためのコストがキャッシュレス決済普及の追い風になるとの声もあるようだ(日経新聞)。

 いっぽうでネットでは、公開された「新紙幣のイメージ」について賛否両論が出ている(ITmedia)。特に額面を示す文字で使われているフォントがゴシック体のようになっている点が大きく話題となっている。

 スラドのコメントを読む | お金

 関連ストーリー:
英中央銀行、50ポンド新ポリマー紙幣の肖像になる科学者の人気投票を実施 2018年11月04日
ハイパーインフレのベネズエラ、紙幣不足で電子マネーの普及が進む 2018年02月22日
中国、偽札対策として新100元札を発行へ 2015年08月15日
財務省が来年5月から発行する新5千円札や紙幣識別iPhoneアプリを発表 2013年12月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード財務省キャッシュレス決済

広告

写真で見るニュース

  • かねさ減塩味噌仕立ての焼おにぎり。(画像:ローソン発表資料より)
  • スズキ「アルト ラパン X」(画像: スズキの発表資料より)
  • 和民などに導入される竹素材を使ったストロー(写真:和民の発表資料より)
  • 「Atmoph Window 2」(画像: アトモフ株式会社の発表資料より)
  • 「19design」のトップページ。(画像:オラクル構想準備室発表資料より)
  • (c) 水木プロダクション 作画:一智和智
  • 「A110S」(画像: アルピーヌの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース