道府県議選の投票率、過去最低に 「本当に残念」総務大臣

2019年4月10日 08:42

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 石田真敏総務大臣は9日の記者会見で、今回の統一地方選挙「道府県議会議員選挙」の投票率が44.08%と昭和22年以降、過去最低を更新したことに「下がったことは本当に残念だ」と述べた。

 そのうえで「市区町村の選挙が21日行われるので(有権者は)主権者としての自覚を持って、積極的な投票への参加をお願いしたい」と投票を通して政治参加するよう求めた。

 石田大臣は「投票行動というのは主権者としての非常に重要な行動であり、こういうことについて、皆さんにご理解いただくというような、息の長い取り組みが重要ではないかと思っている」と主権者としての行動に結びつく取り組みの必要も挙げた。

 特に「高校生などに学校現場で教育の中で取り組んでいただくとか、いろんな取り組みをこれからも進めていくことが大事と思っている」と述べた。

 石田大臣は「一番は国民の皆さんに国や社会の問題を自分たちの問題として考えていただく、それを行動に移していくというのが主権者として非常に重要な権利であるということをご理解いただくことが一番根本ではないかと思っている」と有権者に自覚を求めた。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
選挙戦で活発な議論に期待したい 石田総務相
沖縄県民意思表示の機会を奪ってはならない
電通PRと東大橋元研、関西大小笠原研が衆院選の共同調査 若年層、政治関心低さ顕著

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード選挙

広告

写真で見るニュース

  • ファイナルファンタジーXIVウエディングオリジナル演出。4K対応の大迫力スクリーンの前で、オリジナル証明書へのサイン。(画像:ブライダルハート発表資料より)
  • SBXC039。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)
  • 「派遣BOARD」のイメージ。(画像: ハケンボード発表資料より)
  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
 

広告

ピックアップ 注目ニュース