【銘柄フラッシュ】サイジニアなど急伸し高見沢サイバネは「紙幣一新」株の中で強さ目立つ

2019年4月9日 16:53

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 4月9日は、デザインワン・ジャパン<6048>(東1)が12.8%高となり東証1部銘柄の値上がり率トップ。2月締めの第2四半期決算を4月10日に発表の予定で期待が再燃したとの見方。

 キャリアリンク<6070>(東1)は後場一段とジリ高になり11.4%高。8日に発表した2月決算見通しの増額修正が好感され、出来高も急増して年初来の高値を更新。

 技研製作所<6289>(東1)は9.8%高となり、8日に発表した第2四半期決算が注目され年初来の高値を更新。

 マミヤ・オーピー<7991>(東2)は9.3%高となり、東京・神田の本社ビル・敷地の売却益を今期・2020年3月期に計上することなどへの注目が再燃したとされて出直りを拡大。TBグループ<6775>(東2)は9.2%高となり、コンパクトホテルのセルフチェックインシステムやスマートロックシステム、トイレやシャワーの使用状況が随時確認でき、限られた数のトイレ・シャワーの渋滞を解消するスマートな案内システムなどに注目する動きありとされて年初来の高値を更新。

 サイジニア<6031>(東マ)は2日連続ストップ高の300円高(28.3%高、1359円)となり、引き続き、5日、ネット上の情報を企業自らコントロールすることを可能にするクラウドプラットフォームサービスのサイトをリリースし他との発表が材料視されて年初来の高値を更新。フロンティアインターナショナル<7058>(東マ)は14.0%高となり、2019年2月の上場後、3月下旬以降は初値を下回っており、4月期末配当に増配の期待が言われて注目再燃とされ出直り拡大。

 高見沢サイバネティックス<6424>(JQS)はストップ高の300円高(27.9%高、1377円)となり、「紙幣一新」関連株の中で後場も強さが目立ったままストップ高を継続。多摩川ホールディングス<6838>(JQS)もストップ高の150円高(10.7%高、951円)となり、8日付で「子会社・多摩川電子によるミリ波製品の受託開発・製造開始のお知らせ」を発表し、買い材料とされて急伸した。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヒーハイスト精工は調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調(2018/11/15)
プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す(2018/11/01)
ラ・アトレは出直り期待、18年12月期利益・配当予想を上方修正(2018/11/15)
リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る(2018/10/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース