セブン&アイが独自のバーコード決済サービス「7pay」を開始 7月から

2019年4月5日 12:55

小

中

大

印刷

7payの画面のイメージ(画像:セブン&アイの発表資料より)

7payの画面のイメージ(画像:セブン&アイの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • ポイントプログラムの変更点。

 セブン&アイホールディングス(東京都千代田区)は4日、傘下のセブン・ペイ(東京都千代田区)が、7月よりスマートフォンアプリを使った独自のバーコード決済サービス「7pay(セブンペイ)」を開始すると発表した。当初使えるのはセブン・イレブンやイトーヨーカドーなどグループ企業に限られるが、10月以降からはグループ以外の加盟店でも使えるようにする予定だという。

【こちらも】ファミリーマート、スマホ決済「ファミペイ」を7月から導入へ

 バーコード決済は、レジでの支払いの際、スマートフォンの専用アプリでバーコードを読み取るか、バーコードを提示するだけで支払いが終了するサービス。海外では中国を中心に普及し、日本でも数年前から一部でサービスが始まった。現在日本では、Origami PayやLINE Pay、楽天ペイ、d払い、PayPayなど、各社の参入が続いている。

 セブン・ペイが、専用アプリを配信するのは19年10月の予定で、それまでは、現在配信している「セブン-アイアプリ」を使って決済する。決済時には、同社が展開するnanaco(ナナコ)ポイントやセブンマイルが付与される。

 ただし現在100円(税抜、以下同)に1ポイント付与されるnanacoポイントは、7月から200円で1ポイントに変更となる。一方で7月から開始されるセブン・ペイの支払いでは、nanacoポイントが200円で1ポイント付与される。また9月からは、セブン&アイグループの共通マイルである「セブンマイル」も刷新し、200円で1ポイント付与にするとともに、nanacoポイントへの交換を可能とする。

 セブン&アイでは、2007年に独自の電子マネー「nanaco」を導入し、利用の拡大を図ってきたが、バーコード決済の普及を受け、2018年6月にセブン・ペイを設立。スマートフォン決済の導入を進めてきた。

 コンビニ業界では、ローソンがいち早くバーコード決済に対応し、4月からは中国系のアリペイやウィーチャットペイを含め、10社のバーコード決済に対応。今年7月からは、専用のスマホアプリを使った深夜帯の無人営業の実験を行うと発表した。

 ファミリーマートも独自のバーコード決済の導入を進めており、7月に「FamiPay(ファミペイ)」のサービスを開始する予定。

 これまで日本でのバーコード決済は、LINEやNTTドコモ、楽天、ソフトバンクなど主にネット・通信会社が展開してきたが、コンビニ大手の本格的な参入でさらに競争が激しくなりそうだ。

関連キーワードnanacoセブン&アイ・ホールディングス7pay

広告

広告

写真で見るニュース

  • 日野セレガ スーパーハイデッカ。(画像:日野自動車発表資料より)
  • ボーイング777F型機(画像: 全日本空輸の発表資料より)
  • 「LIVE QR(ライブ・キューアール)」の画面イメージ。(画像: ボードウォークの発表資料より)
  • 2012年8月31日に起こったコロナ質量放出の様子。(c) NASA's Goddard Space Flight Center
  • アルト 40周年記念特別仕様車 Lリミテッド。(画像:スズキ発表資料より)
  • PCエンジンミニ、本体イメージ。(c)Konami Digital Entertainment
  • 「ドラゴンクエストウォーク」の画面イメージ。(画像: スクウェア・エニックスの発表資料より)
  • 「レモンのタルト12cm」(写真:大丸松坂屋百貨店の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース