近鉄、テスラの蓄電設備「Powerpack」導入 停電時や夏場での活躍に期待

2019年4月2日 12:04

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 近畿日本鉄道(近鉄)が米Teslaの蓄電装置「Powerpack」42台を導入した(Engadget日本版GIGAZINE)。

 Powerpackはラック内に16基のバッテリーポッドを組み込んだシステムで、温度管理のための冷却・加温システムを搭載。スペック上の容量は1台あたり210kWhで、最高出力は50kWh。

 今回導入されたシステム全体の容量は7MWhで、近鉄では停電発生時に列車を最寄り駅まで移動させるための非常用電源としてPowerpackを利用するという。夏季の補助電力としての利用も想定されているようだ。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | 電力

 関連ストーリー:
パナソニックとTeslaによる電気自動車向け電池生産、他社を大きく引き離す 2018年07月05日
関電トンネルトロリーバス、2019年4月より電気バスにリプレイスされる 2017年08月31日
ドイツで燃料電池を使った列車が試験導入される 2017年04月21日
「日本で唯一電車が走っていない」徳島県、「バッテリ駆動」の車両の試乗会を開催 2014年01月14日
JR東日本がハイブリッド車両を初公開 2003年07月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードテスラモーターズ近畿日本鉄道

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース