ドコモがMVNOに請求するパケット接続料、今年下げ幅は例年より小さく

2019年4月1日 21:05

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 NTTドコモがMVNOに対し請求する2018年度のパケット接続料は、前年度比5%減の52万4493円となった(日経新聞)。

 NTTドコモのパケット接続料は2015年度から2017年度まで毎年15%前後ほど値下げされていたが、2018年度の値下げ幅はそれよりも小さくなっている。そのため、MVNO事業者各社の経営に影響すると見られている。なお、KDDI(au)は約20%減、ソフトバンクは約22%減の水準を提示したという。

 スラドのコメントを読む | ビジネス | ネットワーク | NTT

 関連ストーリー:
公正取引委員会、大手携帯通信会社のMVNOへの接続料見直しを求める 2018年06月25日
ドコモのMVNO向けパケット接続料、大幅ダウンに 2014年03月26日
ドコモと日本通信の訴訟、争点は「余剰インフラ」運用コスト? 2012年05月02日
電話会社間の接続料協議、今度はソフトバンクがドコモにあっせん申請 2011年06月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードソフトバンクNTTドコモKDDI