レディー・ガガ初主演映画『アリー/ スター誕生』未公開曲が追加された特別編

2019年3月29日 12:29

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 レディー・ガガ初主演、ブラッドリー・クーパー監督・主演を務めた映画『アリー/ スター誕生』が、計12分間が追加された「アンコール・バージョン」で2019年4月5日(土)から1週間限定で特別上映。東京・新宿ピカデリー、大阪・テアトル梅田、愛知・ミッドランドスクエアシネマ、福岡・Tジョイ博多、北海道・札幌シネマフロンティアにて公開される。

■第91回アカデミー賞8部門ノミネート&歌曲賞受賞、感動の歌声を劇場で再び

 『アリー/ スター誕生』は、第91回アカデミー賞で8部門にノミネートされ、ブラッドリー・クーパーとレディー・ガガがデュエットを披露したメイン曲で歌曲賞を受賞。ゴールデングローブ賞では5部門ノミネートされ、主題歌賞を受賞、第61回グラミー賞では、メイン曲「シャロウ 〜『アリー/スター誕生』 愛のうた」が「最優秀ポップ・パフォーマンス賞」を受賞し、今年度のショーレースを大いに賑わせた。

 これら数々の受賞を記念し、北米で公開され話題を呼んだ「アンコール・バージョン」が、今回来日することとなった。計12分が追加されているその特別編では、「ブラック・アイズ」「アリバイ」の歌唱シーン、レディー・ガガが演じるアリーが「シャロウ 〜『アリー/スター誕生』 愛のうた」の即興アカペラ・パフォーマンスを行うシーンが拡大されている。

 また、アリーが、ブラッドリー・クーパー演じるジャクソンのために「イズ・ザット・オールライト?」を捧げる結婚式のシーンや、ジャクソンがスタジオで「トゥー・ファー・ゴーン」を歌唱するシーンも追加。さらには、本編未収録且つサウンドトラックにも収録されていない、レディー・ガガとブラッドリー・クーパーの共同制作曲「Clover」のシーンも加えらている。

■【ストーリー】

 歌手を夢見るアリーはある日、世界的シンガーのジャクソンと出会う。ジャクソンに導かれるように、瞬く間にスターダムを駆け上がっていくのだが…夢はきっと叶う。全編名曲で彩る感動のミュージカル・ドラマ、開幕。

【詳細】
映画『アリー/ スター誕生』アンコール・バージョン
期間:2019年4月5日(金)~11日(木) ※1週間限定公開
公開劇場:東京・新宿ピカデリー、大阪・テアトル梅田、愛知・ミッドランドスクエアシネマ、福岡・Tジョイ博多、北海道・札幌シネマフロンティア
監督:ブラッドリー・クーパー
出演:レディー・ガガ、ブラッドリー・クーパー
配給:ワーナー・ブラザース映画

■『アリー/ スター誕生』大ヒット上映中

配給表記:ワーナー・ブラザース映画

© 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードレディー・ガガ新宿ピカデリーブラッドリー・クーパーアリー/ スター誕生

広告

財経アクセスランキング