共和コーポレーションはアミューズメント業界では、初めてとなるQR決済システムを導入

2019年3月27日 15:51

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■利用客の利便性向上、実店舗の省力化、データの利活用等の様々なメリットを考慮

 共和コーポレーション<6570>(東2)は、アミューズメント業界では、初めてとなるQR決済システムの導入を発表した。

 来るべきキャッシュレス社会に対応するため、19年3月25 日より、アピナ山下公園店でQR 決済システムを導入する。

 政府は2017年に閣議決定された「未来投資戦略2017」において、2027年までにキャッシュレス決済比率を4割程度とする目標を掲げ、国を挙げてキャッシュレス化の推進を図っている。さらに、昨今の深刻な人手不足、インバウンド対応等により、我が国のキャッシュレス化はますます重要な役割を果たすことが予想される。

 同社としてはこのような現状を踏まえ、さらに利用客の利便性向上、実店舗の省力化、データの利活用等の様々なメリットを考慮し、実店舗のキャッシュレス化を推進する方針。

 その第一段として、同社の店舗の中でも特に外国人観光客の利用が多いアピナ山下公園店(神奈川県横浜市中区新山下1‐2‐8 港山下ナナイロビル2階)で、QRコード決済システム「ALIPAY(アリペイ)」及び「WeChat Pay(ウィーチャットペイ)」を導入する。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヒーハイスト精工は調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調(2018/11/15)
プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す(2018/11/01)
ラ・アトレは出直り期待、18年12月期利益・配当予想を上方修正(2018/11/15)
リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る(2018/10/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
  • 新型「BMW X1」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • エクステリア(写真:トヨタ自動車発表資料より)
  • 完成した住友不動産秋葉原駅前ビル(住友不動産発表資料より)
  • 登録証と記念盾。(画像:Meiji Seikaファルマ発表資料より)
  • 結び目状をした複数の星周円盤が連星系を囲む様子 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Alves et al.
  • 車の鍵を失くした場合は、焦らず冷静に対応することが重要である。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース