Nokiaブランドの複数端末、ユーザーに無断で中国へ端末情報を送信

2019年3月26日 12:05

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Nokiaブランドの複数のスマートフォンが、端末の状況やユーザーの位置情報などを利用者に無断で送信しているとの指摘が出ている。送信先は「vnet.cn」というcn(中国)のドメインなどになっているとのことで、フィンランド当局がGDPR違反の疑いで捜査を行う状況になっているようだ(iPhone ManiaEngadget日本版AFP)。

 vnet.cnはChina Telecomが保有しているドメインで、また別の送信先として挙げられているaps.c2dms.comも中国企業が管理しているようだ。これら端末を製造しているHMD Globalはこれについて、中国向けのソフトウェアを誤ってほかの国向けの端末に導入してしまったと説明している。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | YRO | 中国

 関連ストーリー:
Androidアプリ「ES File Explorer」がバックグラウンドでHTTPサーバーを立ち上げていたことが見つかる 2019年01月22日
米大統領の決定により全米の携帯電話に緊急警報メッセージを送信するシステム、初のテスト実施へ 2018年09月17日
Google、アプリで位置情報をオフにしても位置情報を保存していたとの報道を受けてヘルプを修正 2018年08月19日
Galaxy S9/Note 8などのメッセージアプリに端末内の写真が勝手に送信される不具合? 2018年07月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国Nokiaフィンランド

広告