カズユキ クマガイ、2019-20年秋冬メンズコレクション発表

2019年3月26日 12:00

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 カズユキ クマガイ(KAZUYUKI KUMAGAI)は、2019-20年秋冬コレクションを発表した。

■クリーミーな色彩で抜け感を

 今季は、ベージュをメインに、アイボリーやグレーなどクリーミーな色味を採用。コレクション全体に、リラックスした抜け感を作り出している。なめらかなメルトンを採用したショールカラーのコートや、グレージュのチェスターコートなど、柔らかく厚みのある素材に穏やかな色彩が乗せられることで、上品な空気感を描き出す。

■際立つ造形の美しさ

 丸みを帯びたシルエットのダウンジャケットは、アームをジャストに仕立て、身幅をゆったりと設定することで、身体に自然に馴染む造形に仕上げている。襟や肩のラインが緩やかな曲線を描き、見えてくるのは優雅さ。装飾のないシンプルなデザインだからこそ、形の美しさが際立っている。

■ユニークなパンツ

 目を引いたのは、ユニークなパンツのデザインだ。ゆったりとしたデニムパンツは、ラップスカートのようにして前を留めるディテール。分量感のある布地によって生み出されるドレープと、アシンメトリーなフォルムが、存在感を放つ。また、細かくタックをとったウエストベルトのワイドパンツは、程良いハリ感で立体的なフォルムに仕上げ、アクティブでクリーンな印象を演出する。

 その他、ウエストに紐をあしらったパッチワークデニムパンツや、ポケットがユニークなコーデュロイパンツなども登場。短めの丈で、すっきりとした表情のパンツが散見された。

■チェックの温かみ

 温かみのあるチェックは、コーディネートのアクセントとして用いられた。しっかりとした質感のベージュの生地と、ガンクラブチェックを組み合わせたステンカラーコートは、ベーシックな素材同士をストレートに組み合わせることで、むしろモダンなムードを漂わせている。深みのあるグレンチェックのウールコートは、ドロップショルダーで分量を取ったシルエットが特徴的。セットアップの上から羽織ることで、スタイリングに柔らかさと知的さをプラスする。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードカズユキ クマガイ(KAZUYUKI KUMAGAI)2019年秋冬コレクション

広告

広告

写真で見るニュース

  • ブランチ札幌月寒のイメージ(画像: 大和リース発表資料より)
  • 木星衝突目前のシューメーカー・レヴィ第9彗星 (c) NASA
  • ブラング エア パフュームディフューザー(カーメイトの発表資料より)
  • 渦巻銀河NGC3147のブラックホールに存在する降着円盤の想像図 (c) NASA, ESA, S. Bianchi (Università degli Studi Roma Tre University), A. Laor (Technion-Israel Institute of Technology), and M. Chiaberge (ESA, STScI, and JHU); illustration: NASA, ESA, and A. Feild and L. Hustak (STScI)
  • イオンモール上尾のイメージ(イオンモール発表資料より)
  • Nintendo Switch Lite イエロー。(画像:任天堂発表資料より)
  • 機体左側のイメージ(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース