乃木坂のマスコットガール斉藤優里が卒業発表!

2019年3月26日 17:51

小

中

大

印刷

 マスコットという言葉を調べると「人々に幸運をもたらす人・動物・物」とある。

【こちらも】乃木坂46伊藤かりん卒業でわかった乃木坂の底力

 乃木坂のメンバー内で、他のメンバーから愛されていることで知られる人物と言えば「愛されまあや」(和田まあや)や「人たらしオバケ」(伊藤純奈)、「永遠の幼児」(渡辺みり愛)といった、どちらかと言うと、年少組(加入時)が多いイメージがどうしてもあるが、同期からも後輩からも番組スタッフや取材する記者からも、一緒にいて楽しい、ほっとするとパワースポットのような扱いを受けていたのが、今回卒業を発表した斉藤優里だった。

 甘ったるい特徴的な声は、地声が大きいこともあって非常に印象に残り、初期にはメンバーのお尻を触りまくり、白石麻衣のスカートの中に潜り込んで「麻衣ホーム」と名付けるなど、やんちゃな行動が目立ち、バラエティー番組では生駒や高山一美と並んで活躍していたし、それと並行して、決め顔を作ればびっくりするほどの美形でもあり、齋藤飛鳥と共にAnna Suiのモデルに選ばれたこともあった。

 アンダー経験も多いが、夏シングルになると選抜入りし「夏女ゆったん」という異名も持っている。また乃木坂内でも屈指の常識人でもあり、真面目なインタビューでは記者の意をくみ取って的確な返答を返してくれるし、MCでもTPOをわきまえた進行をしてくれるため、その安心感、信頼感は抜群だったのだ。

 アンダーから選抜への突破口を開いた衛藤美彩、アンダーそのものを底上げして選抜との垣根を薄くした伊藤かりん、選抜だろうとアンダーだろうとお構いなしに周囲を笑顔にしてくれた斉藤優里と、今年に入ってからの立て続けの卒業は、乃木坂の大黒柱、あるいは土台部分を担ってきた人材の流出とも言えるわけで、非常に寂しい。

 だがその一方で、伊藤かりんも同じことを言っているのだが、「(乃木坂で)後輩に見せられるものは全部出し切った」と、悔いも思い残すこともない、幸せな卒業ができ、その姿を見守ることのできるファンも幸せだと思うのだ。

 卒業ラッシュと言われる乃木坂ではあるが、後輩にすべてを伝えきり、今度はグループではできなかったことに挑戦するメンバーを前向きに応援できる環境を作ってくれた斉藤優里は、間違いなく「人々に幸運をもたらす」マスコットガールだったと思う。(記事:潜水亭沈没・記事一覧を見る

関連キーワード乃木坂46白石麻衣衛藤美彩伊藤純奈齋藤飛鳥和田まあや伊藤かりん斉藤優里

広告

広告

写真で見るニュース

  • DS 3 CROSSBACK。(画像:プジョー・シトロエン・ジャポン発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • イオンスタイル岡山青江のオープンイメージ(イオンリテール発表資料より)
  • 現在発見されている直径1,000km以上の太陽系外縁天体とその衛星。(画像:東京工業大学発表資料より)
  • チーズロコモコバーガー。(画像:日本マクドナルド発表資料より)
  • かねさ減塩味噌仕立ての焼おにぎり。(画像:ローソン発表資料より)
  • スズキ「アルト ラパン X」(画像: スズキの発表資料より)
  • 和民などに導入される竹素材を使ったストロー(写真:和民の発表資料より)
  • 「Atmoph Window 2」(画像: アトモフ株式会社の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース