アクオド バイ チャヌ、2019-20年秋冬コレクション発表 偽物をぶち壊せ

2019年3月25日 11:31

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 アクオド バイ チャヌ(ACUOD by CHANU)の2019年秋冬コレクションが、2019年3月21日(木)に発表された。ランウェイには、EXILEのネスミス、元KAT-TUNの田口淳之介、俳優ノ・ミヌらが登場した。

■"偽物をぶち壊す"力強さ

 シーズンテーマは「KNOCK OUT YOUR FAKES」。フェイクニュース、コピー、偽造、詐欺...現代はさまざまな"フェイク"で溢れている。今季はそんな「偽物をぶち壊す」強さを持ったハードなコレクションを展開。偽物が永遠に追い付けない「本物」を目指して、ブランドが本当に作りたいものを生み出していく。

 ショーは、ダンサーのKTRらによる、激しいクランプダンスからスタート。会場が暗転すると、EXILEのネスミスがファーストルックを飾った。メタリックカラーのダウンジャケットは、アイコニックなジップが、バックスタイルやアームを縦横無尽に走っている。

続々と現れるモデルたちは、ブラックを主流としたレザーのライダースジャケットや、ミリタリージャケットなどを纏っており、力強い意志が感じられるエネルギッシュなムードを放つ。そして、ブランドのアイデンティティであるジップのディテールが、そのハードな印象を一層加速させる。

■模倣から生まれる"新しい価値"

 "フェイク"はネガティブなものであるが、アクオド バイ チャヌのベースにあるヒップホップカルチャーのサンプリングやリミックス、現代アートのコラージュなど、既存の模倣から新たな価値が生まれるという事実もまた確か。では本物と偽物、ただのコピーと創造の違いはどこにあるのか?今季はその境界を探ったシーズンでもある。

デザイナー・李燦雨の答えは明解。「元ネタへのリスペクトがあるか」「違う文脈の物を繋ぎ合わせて新たな価値が付加されているか」もしくは「価値の転換が起こっているか」だ。

■『モナ・リザ』をサンプリングしたカモフラージュ柄

 この哲学を象徴するのが、ヒロ杉山を中心とするクリエイティブユニット・ENLIGHTENMENTとのコラボレーションによって生み出されたグラフィカルプリント。レオナルド・ダ・ヴィンチによる名画『モナ・リザ』をサンプリングしたカモフラージュ柄だ。

『モナ・リザ』と言えば、コピー品が数多く出回るほど、誰もが知っているアート作品。カモフラージュ柄は、元来、敵の目を欺き身を隠すための模様であるが、現代のファッションでは個性を主張するパターンとして価値転換が起こっている柄だ。この2つを組み合わせ、この世に一つしか存在しないまさに「本物」のグラフィックを創造した。

■アートの額縁から着想したポケット

 アート作品から着想を得た額縁のディテールも、今季の特徴の1つ。額縁は、この作品を自分のオリジナルとして世に送り出す、という強い意志を表明するモチーフとして取り入れている。クリア素材を黒いパーツで縁取り、機能的なポケットに仕立て、アウターやトップスに散りばめた。

 モデルたちのヘアは、フェイクニュースから想像を膨らませ、世界各国の新聞紙から制作した。アクセサリーは、昨シーズンから引き続き、レディー・ガガやリアーナが愛用していることでも知られるCHRISHABANAとコラボレーション。足元にはアディダス(adidas)のスニーカーを合わせた。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードコラボレーションアディダス(adidas)スニーカーレディー・ガガアクオド バイ チャヌ2019年秋冬コレクション

広告

写真で見るニュース

  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース