約14mの落下に耐えるケース「Mous Limitless 2.0」、iPhone XS / XS Max / XR用登場

2019年3月23日 11:26

小

中

大

印刷

「Mous Limitless 2.0」(画像: Makuakeより)

「Mous Limitless 2.0」(画像: Makuakeより)[写真拡大]

写真の拡大

  • 「Mous Limitless 2.0」(画像: Makuakeより)

 スマホを高さ約14mから落としても無事だった、耐衝撃スマホケース「Mous Limitless 2.0」の新バージョンがMakuakeでクラウドファンディング中だ。新機種はiPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR用のもので、5つのデザインに「CLARITY」クリアケースも加わった。プロジェクトは550%超えで達成しており、4月23日まで支援を受け付けている。

【こちらも】世界初、落としても自動で閉じて画面守るスマホケース「CATFLIP」Android版登場

■スリムで丈夫な耐衝撃スマホケースを実現

 耐衝撃性のスマホケースはいくつも登場しているが、厚くて重いという欠点があった。しかし「Mous Limitless 2.0」は、スリム化するスマホの良さを十分に生かせるように薄くて軽い設計だ。厚さはおよそ10mmで、重さは素材によって42g~50g。ここまでスリムでも、独自開発の衝撃吸収素材「エアロショック」を用いて十分な強度を確保している。

 衝撃吸収の仕組みは、マイクロエアポケット構造によるものだ。エアポケット内の空気がバネのように機能して衝撃を吸収。独自の素材混合方法を用いたクッション性のあるケースにより耐衝撃性能を向上させており、10m以上の高さから落としても耐えられるとのこと。クレーンを使い約14mの高さから落とす実験でもスマホが無事なことを証明したという。さらに画面を下にして落としても割れにくくなるように、ケースは画面正面までしっかり回り込んでいる。画面が地面とぶつかっても間に隙間があるので画面割れを可能な限り防いでいる。

 ケースのデザインとなる素材は、カーボンファイバー、レザー、クルミ、竹、貝の5種類に、iPhoneの背面が見えるクリアケースを用意。価格は41%オフの5400円(税込)から。iPhone XS、XS Max、XR用だけでなく、iPhone 8、8PLUSより前に対応するものも販売中だ。特別価格での販売は先着順のため、気になる人はなくなる前に支援しておこう。

関連キーワードクラウドファンディングiPhoneiPhone XSiPhone XR

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース