コトハヨコザワ、2019-20年秋冬コレクション発表

2019年3月22日 23:31

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 コトハヨコザワ(kotohayokozawa)が、2019年3月19日(火)に、2019年秋冬コレクションを渋谷ヒカリエで発表した。

■“ナイトアウト後”の楽し気なムードをコレクションに

 ショーの始まりの合図と共に、会場に現れたのは今季のコレクションを思い思いに纏ったモデル全員。腕を組んだり、肩を寄せ合って上機嫌に歩く彼女たちの演出は、夜通しガールズナイトアウトを楽しんだ“後”の楽し気な様子を表現したという。身体はクタクタだけれど、気分はハッピー!そんな楽し気な空気をのせたモデル達のランウェイが、ポップな音楽と共にスタートした。

■“夏”のムードを感じるニット

 今季のコレクションを、年末を過ごした南国のタイでアイディアを練ったというデザイナーの横澤琴葉。その夏らしいムードは、ワードローブにも反映されていて、特に秋冬の定番ニットがその好例だろう。

ブラックの水着を纏っているように見えるニットセーターは、胸元の谷間まで表現したセクシーな一着。また胸元のポケットにサングラスをかけているように見えるトロンプルイユのニットパーカーも登場した。温かな素材なのに“季節感”を感じさせない、デザイナーの遊び心を感じさせるシリーズだ。

■タイのグラフィックで彩るワードローブ

 またタイで見つけたグラフィックを入れた、Tシャツやスカート、パーカー、ワンピースなども登場。もともと何の絵柄だったのか?タイ語でどんなメッセージを綴っているのか?観客たちの中でその本当の意味を見いだせた者は恐らくいないだろう。しかし、レッドやブルー、グリーンなど、複数のポップな色合いで描かれたグラフィックは、コレクションの楽し気な雰囲気とマッチしていることは確かなのだ。

■コレクションを彩るプリーツ

 またランウェイで散見されたのは、細かいプリーツを施したワードローブ。一枚でさらりとワンピースを着るモデルもいれば、上から同じくプリーツを施したベストのようなものを纏っているモデルもいる。レイヤードすればするほど、異なる表情が顔を出し、プリーツ素材の面白みが引き出されていく。

■日常の“モノ”を取り入れた洋服づくり再び

 コレクション全体を通して感じられたのは、洋服作りの楽しさ。前シーズン、日常の愛用品を使用したコレクションを発表した横澤だが、彼女の“これも洋服にしたら面白いかもしれない!”というポジティブな姿勢は、今季も健在だった。アトリエで余ってしまった布を使用した豊富なリメイクジーンズは、全て一点物。また女性のブラジャーに見立てた、セクシーなバッグなども登場した。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード渋谷ヒカリエ2019年秋冬コレクションコトハヨコザワ(kotohayokozawa)

関連記事

広告

財経アクセスランキング