ソニー 大幅続落、不確実性の高まりを映して米系証券が投資判断を格下げ

2019年3月22日 10:21

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:21JST ソニー---大幅続落、不確実性の高まりを映して米系証券が投資判断を格下げ
ソニー<6758>は大幅続落。ジェフリーズ証券では投資判断を「バイ」から「ホールド」に格下げ、目標株価も8500円から5500円に引き下げている。スマホ事業からの撤退を踏みとどまることで損失計上が続いていることに加え、ゲーム事業の利益もピークアウトするなど不確実性が高まっているとの判断。向こう2年間の利益成長率は年率4-5%の水準にとどまると予想している。《US》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • イオンスタイル岡山青江のオープンイメージ(イオンリテール発表資料より)
  • 現在発見されている直径1,000km以上の太陽系外縁天体とその衛星。(画像:東京工業大学発表資料より)
  • チーズロコモコバーガー。(画像:日本マクドナルド発表資料より)
  • かねさ減塩味噌仕立ての焼おにぎり。(画像:ローソン発表資料より)
  • スズキ「アルト ラパン X」(画像: スズキの発表資料より)
  • 和民などに導入される竹素材を使ったストロー(写真:和民の発表資料より)
  • 「Atmoph Window 2」(画像: アトモフ株式会社の発表資料より)
  • 「19design」のトップページ。(画像:オラクル構想準備室発表資料より)
  • (c) 水木プロダクション 作画:一智和智
 

広告

ピックアップ 注目ニュース