Apple、新iPad Airと新iPad miniを発表

2019年3月21日 11:56

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless曰く、 Appleは18日、新iPad Airおよび新iPad miniを発表した(プレスリリース)。

 iPad Airの名称は、2017年3月にiPad Air 2を置き換える形で9.7インチiPadが発表されて以降ラインアップから消えており、2年ぶりの復活となる。新iPad Airは10.5インチRetinaディスプレイ(解像度2,224×1,668ピクセル)にA12 Bionicチップを搭載する。本体サイズは250.6mm×174.1mm×6.1mm。iPad Air 2と同じ厚みで、9.7インチiPadより薄いがiPad Proより厚い。

 新iPad miniは新iPad Airと同じくA12 Bionicチップを搭載し、7.9インチRetinaディスプレイの解像度は2,048×1,536ピクセル。ディスプレイサイズ・本体サイズ(203.2mm×134.8mm×6.1mm)ともに従来モデルと変わりないが、パフォーマンスは3倍、グラフィック性能は9倍になっているという。

 このほか、メインカメラ(8メガピクセル)やFaceTime HDカメラ(7メガピクセル)、ストレージ容量(64GBまたは256GB)、カラーバリエーション(ゴールド/シルバー/スペースグレイ)などのスペックは共通で、両モデルともApple Pencilに対応する。価格は新iPad Airが税別54,800円から、新iPad miniが税別45,800円から。Appleのオンラインストアでは既に購入可能だが、タレコミ時点での配送予定日は新iPad Airが3月31日~4月2日、新iPad miniが4月3日~4月8日となっている。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | モバイル | アップル

 関連ストーリー:
Intel関係者曰く、2020年にもARMプロセッサ採用のMacが登場する 2019年02月26日
Apple曰く、iPad Proの湾曲はすべての辺で400µm以下までが正常 2019年01月08日
Apple曰く、iPad Proの中には出荷時点でわずかに曲がっているものもあるが、異常ではない 2018年12月22日
米国ではiPhoneは高収入の証? 2018年07月11日
10インチの廉価版Surfaceタブレットが年内に登場との噂 2018年05月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAppleiPad

広告

財経アクセスランキング