防衛省、長距離巡航ミサイルを開発する方針

2019年3月21日 12:01

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 防衛省が長距離巡航ミサイルの開発を行う方針だという(読売新聞)。

 開発されるのは航空自衛隊の戦闘機に搭載し、相手艦船の攻撃して以外から攻撃を行えるようなミサイルで、400km以上の射程が想定されているようだ。

 防衛省はすでに空対艦ミサイル「XASM-3」を開発しているが、射程距離は100~200kmほどとされており、すでに量産段階に入っているものの、調達は見送られているという。

 スラドのコメントを読む | 日本 | 軍事

 関連ストーリー:
ロシアが開発しているICBMは核弾頭を搭載すれば10発でアメリカを殲滅できる 2019年02月08日
米国、中距離核戦力全廃条約の破棄を宣言 2019年02月03日
米、「低出力核弾頭」の製造を開始 2019年02月01日
戦闘機に搭載できる対ミサイルレーザー兵器 2018年01月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード防衛省自衛隊航空自衛隊

広告

写真で見るニュース

  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
  • HD140283 (c) Digitized Sky Survey (DSS), STScI/AURA, Palomar/Caltech, and UKSTU/AAO
  • (c) 123rf
  • 使用イメージ。(画像: サンワサプライの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース