NY原油:小幅高で58.61ドル、原油在庫の減少が引き続き材料視される

2019年3月15日 07:32

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:32JST NY原油:小幅高で58.61ドル、原油在庫の減少が引き続き材料視される
NY原油先物4月限は小幅高(NYMEX原油4月限終値:58.61 ↑0.35)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物4月限は前日比+0.35ドルの58.61ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めた取引レンジは58.00ドル−58.74ドル。原油在庫の減少や米長期金利が上げ渋っていることが買い材料となった。ただ、1バレル=60ドルを超えると米国内の原油生産が増えると予想されており、足元の需給関係は緩む可能性があるとの声が聞かれている。《CS》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース