名古屋の交通事故、道路事情から「自転車の通行が想定されていない」と判断

2019年3月14日 09:18

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 名古屋市内の国道302号を走行中、車を道路の左橋に寄せた際に車線左側を走行していた自転車に接触して発生したという死亡事故の裁判で、名古屋地裁が運転手に対し「過失は認められない」として無罪を言い渡したという(中日新聞毎日新聞)。

 この道路は車線の左端と縁石の間が狭く、自転車の一部や体が車線内にはみ出すことになることから、裁判所は車が極端に左に寄らなくとも自転車と接触する可能性があると判断したという。

 また、この道路は防音壁の外側に歩道があることから、「歩行者や自転車の通行が想定されていない」とし、自転車が走行してくることを予見すべき注意義務はあるとはいえないとも判断されている。

 スラドのコメントを読む | 法廷

 関連ストーリー:
岐阜県羽島市、中学生の自転車通学時にヘルメット着用を義務付けへ。自転車用基準を満たさない軽作業用ヘルメットはNG 2018年08月03日
名古屋市、条例で市内で自転車に乗る全員に損害賠償保険への加入を義務付け 2017年09月14日
自転車の安全性はどの程度? 2013年10月27日
警視庁、都内約1万か所の自転車横断帯を撤去へ 2012年05月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード名古屋裁判