DL違法化の範囲拡大含む著作権法改正案、今国会での提出は見送りに

2019年3月14日 09:23

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 著作権法改正案からダウンロード違法化の範囲拡大に関する内容が削除されるとの報道が数日前より出ていたが(産経新聞Togetterまとめ Buzzap!)、自民党は今通常国会での法案の提出を見送ることにしたようだ(ITmedia日経新聞)。

 権利者などの理解が得られておらず、議論が十分でないと判断されたとのこと。自民党などは文化庁に対し改正案の「練り直し」を求めたという。

 この著作権法改正案については、「リーチサイト規制」で問題があるといった指摘や、文化庁の資料に恣意的なまとめや誤り・問題が多数あるといった指摘も出ていた。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | 著作権 | 政府

 関連ストーリー:
ダウンロード違法化対象拡大の混乱続く、リーチサイト規制にも問題 2019年03月11日
DL違法化の範囲拡大に関する文化庁の資料で恣意的なまとめや誤り・問題が多数あるとの指摘 2019年03月04日
自民党総務会、違法ダウンロードの範囲を拡大する著作権法改正案の了承を見送り 2019年03月02日
DL違法化に対し研究者や弁護士らが懸念を示す緊急声明を出す 2019年02月20日
録音・録画物以外のコンテンツもダウンロード違法化とする方針 2019年02月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード著作権