書籍・雑誌の発売日、中国・九州地方ではさらに1日遅れに

2019年3月11日 00:02

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

miishika 曰く、 日本出版取次協会は5日、2019年4月1日以降に発売される書籍・雑誌の中国地方・九州地方への輸送スケジュール変更を発表した(ニュースリリース中国新聞の記事)。

輸送会社からの要請を受けたもので、中国地方では書籍・雑誌の発売日が現行から1日遅れとなる。九州地方では書籍の発売日が現行から1日遅れとなるほか、一部の週刊誌の発売日が変更される。九州地方の場合、現行では書籍が1~2日遅れ、雑誌が2~3日遅れとなっている。

ネット通販や電子書籍の普及により苦しい状況にある書店には厳しい措置になるが、皆様は書籍・雑誌の流通についてどうお考えだろうか。

 スラドのコメントを読む | Slashdotに聞けセクション | 書籍 | スラドに聞け! | 交通

 関連ストーリー:
日本の書店がどんどん潰れていく本当の理由 2018年12月11日
出版物輸送事業者の大半が撤退を検討している 2018年09月03日
KADOKAWA、取次を経由せずに迅速に書店へ書籍を配送する動きを進める 2018年07月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード電子書籍

広告

財経アクセスランキング