NHKの番組ネット同時配信可能と改正案、閣議決定

2019年3月8日 09:45

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 3月5日、NHKによるテレビ番組のインターネット常時同時配信を可能にする放送法改正案が閣議決定された。今国会での成立を目指しているとのこと(共同通信社朝日新聞BLOGOS)。

 放送の「補完業務」との位置付けで、「必要最低限の範囲」での業務のみが許可されるという。対象はNHK総合およびEテレ。受信契約者は追加負担なしで視聴でき、未契約者が視聴しようとすると「契約を促すメッセージが画面の一部に表示される仕組み」が導入されるという。

 一方で約6900億円という巨額かつ安定した受信料収入を持つNHKが業務を拡大することに対しては民放から不満も出ているようだ。

 スラドのコメントを読む | 日本 | テレビ | 政府

 関連ストーリー:
NHKによる「ネット同時配信」に向けた法改正、来年にも法案提出へ 2018年12月03日
NHK受信料制度検討委員会、ネットのみで視聴する世帯からの受信料徴収に「お墨付き」 2017年07月27日
NHKが受信契約を行っていない人を対象としたネット配信試験を開始へ、地域制限も導入 2017年07月07日
NHKによるネット配信利用者向け契約内容、料金はテレビ向けと同額になる方向 2017年06月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNHK受信料

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース