ITビジネスマッチングの「アサインナビ」がリニューアル スマホ対応やチャット機能

2019年3月8日 09:14

小

中

大

印刷

「アサインナビ」の画面イメージ。(画像: アサインナビの発表資料より)

「アサインナビ」の画面イメージ。(画像: アサインナビの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 アサインナビ(東京都新宿区)は4日、同社が運営するITビジネスマッチングサービス「アサインナビ」の大型リニューアルを実施したと発表した。

【こちらも】プロダクト、パーソナルトレーナーのマッチングサイト「トレタス」発表

 サイト全体のレスポンシブ対応に始まり、スカウトや応募に利用するメッセージ機能をチャット形式に変更したことや、各案件情報に対してコメントできる質問機能、稼働状況を限定して人材情報を検索できる機能など、複数の機能追加が行われている。

 リニューアルの目的は、いつでもどこでも案件と人材のマッチングを可能にする点にある。キーワードはスマホ対応だ。モバイルファーストな改修を施すことで、ユーザーは外出中でも気軽に情報を確認できるようになり、調達・営業活動をより活発なものとする。

 特に今回採用されたチャット形式の新しいメッセージ機能は、スマホから効率的にコミュニケーションを取るために必要不可欠な機能と言えるだろう。メールのようにぶつ切りにならず、スカウトから始まるメッセージのやり取りがシームレス、かつ気軽なものへと変化させる。この手のマッチングサービスで最も重要な、スピード感を実現するために必要な気軽さと言えるだろう。

 掲載されている案件・人材情報に対するコメント機能の強化も、使い勝手の向上に寄与している。これまでとは違い他のユーザーが投稿した質問や回答を閲覧できるようになったため、何度も同じコメントを入力する必要がなくなった。さらに人材情報を稼働状況に合わせて検索できる機能を活用すれば、面談調整を効率よく進めることができるだろう。また会社所属、フリーランスといった所属状況や特定の契約形態など、人材の属性情報からも検索が行えるようになった。

 さらにAIを活用したおすすめ情報メールの配信も開始する。自分が求める案件・人材情報をAIエンジンがレコメンドして送信する。ブックマーク機能も強化され、「お気に入り人材」、「お気に入り企業」、「検討中案件」の3種類に分かれていたものが、直観的なインターフェースのブックマーク機能に統合される。 

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース