鉄道運休や遅れ、ここ30年間で3倍に

2019年3月1日 23:49

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 列車の運休や大幅な遅延などの「輸送障害」は30年間で3倍以上に増えているという(時事通信)。

 具体的な値も示されているが、たとえば線路内立ち入りなどが原因の輸送障害は30年間で6倍に、鉄道会社の管理に関わる障害は1.5倍になっているとのこと。

 スラドのコメントを読む | 交通

 関連ストーリー:
首都圏で初めて鉄道の「計画運休」が実施される 2018年10月02日
国交省が鉄道遅延を「見える化」、遅延の原因の過半数は乗客などによる外部要因 2018年01月10日
2030年の東京圏の都市鉄道、答申案まとまる 2016年04月13日
JR東の新幹線運行トラブル、管理システムの仕様を超えるダイヤ変更が原因 2011年01月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング