前日に動いた銘柄 part2:サインポスト、アウンコンサルティング、アンジェスなど

2019年2月23日 07:32

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:32JST 前日に動いた銘柄 part2:サインポスト、アウンコンサルティング、アンジェスなど
銘柄名<コード>⇒22日終値⇒前日比

ロート製薬<4527> 2893 -105
みずほ証券では売り推奨に格下げ。

新日本科学<2395> 805 -4
21日はバイオ関連株高の流れに乗る形となったが。

三菱UFJ<8306> 580.4 -7.0
米金融関連株安の流れを引き継ぐ。

JXTG<5020> 542.8 -9.8
NY原油市況は反落している。

キーエンス<6861> 65230 +2020
ゴールドマン・サックス証券ではコンビクション・リストに採用。

ファナック<6954> 19455 +40
ゴールドマン・サックス証券では投資判断を格下げ。

アドバンテ<6857> 2607 -38
みずほ証券では投資判断を格下げしている。

堀田丸正<8105> 114 +26
もみ合い上放れに短期資金が追随。

アウンコンサルティング<2459> 298 +50
グローバルPPC運用最適化ツールのサービス日本独占販売を引き続き材料視。

SFP<3198> 1828 +171
東証1部への指定承認を好感。

リミックスポイント<3825> 357 -20
ビットコイン価格上昇などで足元強い動きだったが。

サインポスト<3996> 3865+700
JR東<9020>子会社と無人決済店舗の事業化に向けた合弁会社設立で基本合意。

APLIX<3727> 189 +2
産業デザインのホロンクリエイトとIoTソリューション開発で共同研究。

ワークマン<7564> 7480 +80
3月末の株主を対象に1対2の株式分割。

壽屋<7809> 1420 +48
清水社長の資産管理会社が24万1600株買い付け、長期保有目的。

メルカリ<4385> 3145 +217
国内証券では投資評価・目標株価ともに据え置き、実直な戦略を評価。

クルーズ<2138> 2154 +16
オンライン商談システムのイズムを完全子会社化。

アンジェス<4563> 885 +150
遺伝子治療薬の承認了承を引き続き材料視。

バリューデザイン<3960> 2290 +35
1月の取扱高が前年同月比で拡大。

ACSL<6232> 3930 +235
独立系運用会社のレオスが買い増し、保有割合7.64%に上昇。

ソレイジア<4597> 226 +16
中国で疼痛緩和口腔用液の医療機器輸入販売承認取得を好感した買いが続く。《FA》

広告

財経アクセスランキング